スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

国語の教科書って意外と良い作品多いよな

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
 2011/04/24(日) 04:24:24.15ID:uIotsMgb0

・こころ
・陰翳礼讃
・みどりのゆび


授業無視して一人で読みまくってた

こころ
『こゝろ』(こころ)とは、夏目漱石の代表作となる長編小説。友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人を取ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治高等遊民の利己を書く。

陰翳礼讃
『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎の随筆。「経済往来」昭和8年12月号・9年1月号に掲載。

みどりのゆび
モーリス・ドリュオン(Maurice Druon、1918年4月23日 - 2009年4月14日)は、フランスのパリ出身の歴史小説家、政治家。アカデミー・フランセーズの第15代席次30。ユダヤ系の家系出身。主な作品に、反戦童話『みどりのゆび』など。
裕福に暮らす少年チトは、おやゆびを押しつけると、みどりを芽生えさせ、花をさかせることのできる不思議な“みどりのゆび”をもつ少年です。ある日、お父さんが兵器を作る人だったことを知ったチトは一大決心をし、こっそりお父さんの兵器工場へもぐりこみます...。

こころ (新潮文庫)陰翳礼讃 (中公文庫)みどりのゆび (岩波少年文庫)

⇒『国語の教科書って意外と良い作品多いよな』の続きを読む

前のページ | ホームへ | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。